なぜ高血圧の人は「家で自己測定」をしたほうが良いのか?

血圧イメージ

・高血圧と言われた人
・生活習慣を改善して血圧を下げたいと思っている人

このような人たちは、自宅での血圧測定を始めることをおすすめします。
では、理由は何でしょうか?
こちらでは、自分で血圧測定を毎日続けることのメリットについて書いています。

自宅で血圧を測定するメリット

白衣高血圧はくいこうけつあつの影響を受けない

病院で血圧測定をしてもらったら「血圧が高い」と言われた、、、。
そんな人は、自宅で数日間血圧を測ってみて下さい。
もしかすると、高血圧ではないかもしれません。
なぜなら、多くの人が病院で測った場合だけ、血圧が高くなる白衣高血圧という傾向があるからです。
もし、自宅で測った血圧の数値が、高血圧の基準ではないのなら、高血圧を心配する必要はありません。
それを、知るだけでも大きなメリットになりますね。

モチベーションが上がる

高血圧を生活習慣によって、改善しようと思う人は、自宅で血圧を毎日測ることをおすすめします。
なぜなら、目に見えて数値が下がってくると「やる気」がおこって、継続ができるからです。
人によっては、生活習慣の改善を途中でやめてしまう人もいるので、実際に目に見えて変化があるほうがやる気(モチベーション)アップになるのでおすすめです。

自分の体調を知ることができる

もし、あなたが動脈硬化が進んでいるような状態だったとします。
「今日はちょっと血圧が高めだな、、、」と思ったのなら、リラックスするようなことをしたり、心臓に負担のかかることは控えたりなど、自分の体調をあらかじめ知ることによって、予防・対策ができるのでおすすめです。

治療方針を決める際のデータになる。

実際に、自宅で血圧を測ったデータを医師に見せる場合があります。
そのような際、医師はそのデータを元に、より詳細に治療方針を考えるための手助けになるのです。

血圧は変動するものなので、小さいことまでは気にしすぎない!!

血圧は、以下の因子によって、変動しやすいです。
・場所
・時間
・気温
・ストレス
多少は誰でも変動するので、一時的の上昇ならばそこまで気にしなくても大丈夫です。
もし、血圧の高い状態が長く続くのならば、医師に相談したり、自身で原因を考えてみたりしましょう。