日常生活で血圧があがりやすい行動・気をつける点

医師のアドバイス

高血圧の人は、血圧を下げることを知っておくのは当然です。
ですが、「血圧の上がりやすい行動」を知っておくと、なおのこと良いでしょう。
なぜなら、それらを回避することで、脳出血・心臓発作のリスクを下げることができるからです。
それでは一緒に【日常生活で血圧があがりやすい行動・気をつける点】を見ていきましょう。

朝、ふとんから起き上がる瞬間

朝、起き上がるだけで血圧は上がります。
特に寒い冬の朝はリスクが高まるので要注意です。
対策としては、起き上がる前に布団の中で手をグーバーしたり背伸びをするなど、ちょっと動いてからゆっくりと起き上がりましょう。

早朝のジョギング・ウォーキング

実は、朝は血管の事故が起きやすい時間帯です。
高血圧の人は、早朝での運動は控えるようにしましょう。
特に冬は室温と外気温が同じくらいになる昼間に運動をするほうがいいでしょう。

寒い冬に急に外に出る

温かい室内から、急に寒い外に行くと、血管が収縮して、血圧が上がります。
上着をはおったり、マフラーをするなどの対策を心がけましょう

電車で寝ていて目が覚めた時にドキッとする

みなさんも心辺りがありませんか?
電車のなかでウトウトと寝てしまって、ハッと目が覚めた時に心臓がドキドキしだすことが、、、
血圧が上がるので、できれば避けたいです。

冬の朝の洗顔

冷たい水を触るだけでも血圧は上がります。
なので、いきなり冷たい水で洗顔することはおすすめできません。
高血圧の人は、ぬるま湯で行うようにしましょう。
また、洗面所を簡単な暖房器具で温めておくのも忘れずに。

トイレのいきみ

大便をいきむと血圧は上がります。
トイレも実は、血管障害の事故が多い場所です。
高血圧の人は、強くいきまないようにしましょう。

車の運転

車の運転は常に緊張をしいられます。
さらにヒヤリハットやイライラしたりなど、血圧が上がりやすい状況が多いです。
なるべく心のゆとりをもって運転をしましょう。

排尿の我慢

ご存知ですか?
おしっこを我慢するだけで血圧は20~30mmhgは上がっていることを。
なるべくトイレは我慢しないようにしましょう。

冷蔵庫の開け閉め

冷蔵庫を開けた瞬間に、冷たい冷気がヒヤッと感じますよね。
「そんな大げさな」と思うかもしれませんが、心臓発作を起こした例もあるのです。
冷蔵庫を空ける際は、すこし離れて開けたほうがいいでしょう。

ワインセラーに入る

ワインセラーでは14℃くらいに管理されています。
つまり肌寒いので血圧が上がってしまいます。
なにか上着を羽織ってからワインセラーに入る方が良いでしょう。

夜中にトイレに起きる

起きた瞬間に交感神経に切り替わります。
それだけで血圧が上がるのに、さらに冬場で寒いと、血圧はさらに上がるでしょう。

熱いお風呂に急に入る

熱すぎるお風呂は、血管が収縮して血圧は上がります。
ぬるま湯で適度にあたたまると、血管が広がり血圧は下がります。
気をつけましょう。

暖かい部屋から寒い部屋に行く

気温差が激しいと血圧が上がります。
具体的には、脱衣所やトイレなどです。
高血圧がある人は、簡易の暖房器具を置くほうがいいでしょう。

突然びっくりする

びっくりすると血圧は上がります。
なので、高血圧の人は、驚かさないほうが良いでしょう。
しゃっくりを止める・サプライズパーティーなど要注意です。