高血圧と糖尿病の関係・注意点

対珠系と健康

こちらでは、高血圧&糖尿病の両方持っている人に知っておいてほしい「関連性・注意点」をまとめています。
参考にしてみてください。

高血圧と糖尿病には密接な関係がある

糖尿病とは、血中の糖分の値が高くなる病気です。
糖尿病の状態だと、多くなりすぎた血中の糖分が、血管を傷つけやすくなるので、体にあちこと弊害が起こります。

一方で、高血圧は血管内の圧力が強くなったり、動脈硬化を引き起こしやすくなる病気です。
高血圧も糖尿病があると、血管のダメージが大きいので重症化しやすくなります。
つまり、脳梗塞・心筋梗塞も起こりやすくなってしまいます。

糖尿病がある人は、高血圧も併発しやすい!?

糖尿病の人は高血圧がなかったとしても、いずれは高血圧を併発しやすくなると言われています。
では、なぜ併発しやすいのでしょうか?
その3つの説がこちら↓

・糖尿病で血糖値が高くなると腎臓でのナトリウム再吸収が増え、その結果、循環血液量が増えて血圧が上がる
・糖尿病の人は、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡやアドレナリンに対する感受性が高いため、血圧が上がる
・糖尿病では活性酸素の産生が増え、その結果、それを打ち消そうと血管を広げる働きのある一酸化窒素が消費されて減るために血圧が上がりやすくなる。
遺伝の関係
高血圧も糖尿病も遺伝的素因に関係がある病気です。

高血圧で糖尿病がある人の食事(注意点)

  • 高血圧で糖尿病がある人の食事内容(注意点)
  • エネルギーを摂りすぎない
  • 栄養バランスに気をつける
  • ゆっくりよく噛んで食べ過ぎを防ぐ
  • 食物繊維を多く摂る
  • 水溶性食物繊維、不溶性食物繊維ともに摂る
  • 1日3食規則正しく食べる
  • まとめ食い・どか食いはしない