高血圧で脂質異常症がある人の食事(注意点)

こちらのページでは、高血圧&脂質異常症の両方がある人の食事の注意点をまとめています。

食事の注意点ここから

[check_list image=”check1-g”]
  • 脂肪やコレステロールを控える
  • 動物性脂肪を摂りすぎない
  • 卵や魚卵を摂りすぎない
  • エネルギー量を控える(カロリーが高くなりすぎないようにする)
  • 甘いもの、アルコール類を控える
  • 栄養バランスに気をつける
  • ビタミン・ミネラルを摂る(とくに抗酸化作用のあるビタミンE・ビタミンCカロテンなどは多く摂る)
  • 食物繊維を多く摂る
[/check_list]

脂質異常症とは

悪玉コレステロールは、動脈内に沈着しやすく、善玉コレステロールは、あまったコレステロールを回収して肝臓に戻します。
血液中に悪玉コレステロールが異常に多くなった状態が脂質異常症です。
食事だけでなく適度な運動も脂質異常症を予防します。

コレステロールの多くは体内で合成されるので、コレステロールを多く含む食品を1回2回食べても、血液中の値にはほとんど影響ありません。
しかし、長期的ならば、血中に脂質が多くなります。