高血圧の人は「歯周病」に注意です!(脳梗塞・心筋梗塞)

はみがき

 

高血圧の人は歯周病に注意しないといけないのをご存知ですか?

それは一体なぜなのか?その理由をご説明していきます!

 

歯周病とは

歯周病は、「歯肉・あごの骨」に炎症が起こる病気です。
歯周病の原因は、歯周病菌と呼ばれる口の中の悪玉細菌です。
歯周病菌は、歯と歯茎の間のスキマ(歯周ポケット)に潜り込んで増殖します。

歯周病になったらどうなるの?

最初は、歯肉炎といって歯肉の腫れ・出血が起こります。
歯ブラシが血で赤くなる人は、すでに歯肉炎になっています。

さらに歯周病が進行すると、炎症がひどくなります。
この段階は歯周炎と呼ばれます。
歯周炎で、膿が出る状態を歯槽膿漏と言います。(今は、この呼び方はあまり使われない)
さらに歯周炎が進むと、歯が抜ける状態になります。

なぜ高血圧の人は歯周病に注意なの?

[colored_bg color=”light-green” corner=”r”]歯周病の人は、そうでない人よりも、心筋梗塞・脳梗塞になりやすいというデータがあります。
理由は、歯周病菌が、歯茎などの血管から入り込んで血液の中で血栓ができやすくなるようです。

高血圧の人は、ただでさえ動脈硬化が進んでいる可能性があります。
つまり、血管が詰まりやすい状態です。
そこへ、血栓が流れてきたら脳出血・心臓発作を起こすリスクは高いですよね。
そうならないためにも、高血圧で動脈硬化が進んでいる人は、歯周病も治すようにしましょう。[/colored_bg]

歯周病の治療方法は?

歯周病の治療の基本は歯磨きです。
歯の隙間や歯周ポケットに入り込んだ食べかすを取り除くことです。
口の中に残った食べかすは、歯周病菌のエサとなって、細菌が繁殖して歯の表面に張り付きます。
これが、歯垢(プラーク)です。
歯垢は、細菌の繁殖しやすい場所となるので、歯周病の原因となります。
ですから、食べた後は歯を磨いて歯垢を取り除くことが、歯周病の予防になります。