高血圧になりやすい性格なりにくい性格

高血圧イメージ

みなさんは「高血圧になりやすい性格」があるというのをご存知でしょうか?
高血圧症患者に行われた心理性格特性調査によると、以下の性格が「高血圧になりやすい性格」だということがわかりました。
こちらでは、そんな「高血圧になりやすい性格」をまとめてみましたので、ぜひとも参考にしてみてください。

高血圧になりやすい性格ここから

大きくわけてA・Bの2つにわかれます

高血圧になりやすい性格A

[check_list image=”check1-g”]
  • 競争心が強い
  • 攻撃的
  • せっかち
  • 常に時間に負われている
  • 強い目標達成浴がある
  • こまめに動く
  • 早食い
  • いらいらが態度に出る
  • 早口でしゃべる
  • 神経質
[/check_list] [check_list image=”check1-g”]
  • 見た目は温厚
  • しかし、内面は温厚な正確ではない
  • 我慢して笑顔を浮かべる
  • 礼儀正しい
  • 周りからいい人と言われる
  • 相手を攻撃しない
  • 自分の主張をあまりしない
  • ストレスが溜まりやすい
  • 消極的
  • 不満があっても言わない
  • 完璧主義
  • 気が短い
  • 積極的な人
  • 周りに気を使う
  • まじめで勤勉
[/check_list]

几帳面な性格や完璧主義だった場合、すこしでも納得がいかないと大きなストレスになります。
その結果、血圧も上がりますのでご注意を!

高血圧になりにくい性格ここから

高血圧になりにくい性格は、常に笑っている人・笑顔の人です。
笑うと副交感神経が活性化して、体がリラックスしています。
もちろん血管も拡張して、血圧が下がっています。
また、笑うと脳内にベータエンドルフィンという物質が増えます。
ベータエンドルフィンは、脳に快楽をもたらしたり、気分を落ち着かせて、心身の緊張を解く作用があります。

泣くこともストレス解消になる

涙の中には、脳から分泌されるプロラクチンというホルモンや副腎皮質ホルモンのコルチゾール、副腎皮質刺激ホルモンのACTHといったストレス物質が含まれています。
泣いて涙を流すと、こういったストレスの原因となる物質が排出されます。
それによって心身がリラックスして副交感神経が優位になって、血管が広がり、血圧も下がります。